12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-18 (Sat)
最近、会社の人に借りてこんな本を読みました ↓

サイズ変更SN3A0283

私、けっこう本は読むけど 自分では買わない の(>_<)


会社にすごく本読む人がいてその人に借りたり、実家にも本が山のようにあるし不自由しないんです。
だた自分では買わないので、自分の読みたい本をいつも読めるわけじゃないのね。


読みたい本 じゃなくて そこにある本 って感じかなぁ苦笑い
私には選択権がない感じ あは
まあ、 「そこにある本」の中からは一応選べるけどね(^_^;)


それで、これはその会社の人も「面白い」って言ってたの。
ダンブラウンって言ったら今は 『天使と悪魔』 じゃないのー?
とお思いの方もいらっしゃると思いますが、何せ  選択権  がないもので。。
全然タイムリーじゃないし、話題作なんかもかなり遅れて読みますもので・・(>_<)


てなワケで 「天使と悪魔」 がどんな話なのかは知りませんが、とにかくこの↑↑
「パズルパレス」 を読んだわけですよにっこり


感想としては。。。







面白かった!!  です。ハイ。


ダンブラウンさんでは ダ・ヴィンチコード 読んだけどあれよりも読みやすい!
どっちが面白いか?って言うと、また話が全然違うからどっちとは言えないけど
((どっちも面白い!!jumee☆party1))
確実に言えるのは、ダヴィンチコードより読みやすい!!  ってことです。


えーと、読んだ本を一言でまとめるのってすごく難しいし
しかも暗号とかの難しい話なので余計、説明しづらいのですが。。。(汗)
何とか頑張って伝えてみます!絵文字名を入力してください


えーとえーと、米国の 超重要国家機密 を扱う機関に対し挑戦をしてきたあるスペシャリストがいるの。その人は以前その機関で働いてた超頭のいい人でネットワークのセキュリティにも詳しすぎる人。
その人はある不満をその機関に対し抱えてて、自分の要望をかなえるためにとんでもないシステムを作ってしまうの。
それは、超重要国家機密が誰でも見れるよう、セキュリティを崩壊してしまうようなシステム。
例えるなら、核の作り方とか、軍隊の詳細とかをそこらへんの小学生でもパソコンとモデムさえあれば見れるようになってしまう!ってこと。
そのシステムを作り、脅迫のようなことを始めたのね。

それをどうしても阻止しなければいけない!ってことで闘う人たちがいて。。
そして当然それをジャマする人も居て・・ PC
わけもわからず横ヤリ入れてくる人もいて。

だんだん時間との勝負になってきて手に汗握る展開です!
どんでん返しもあるしセキュリティに対しても「へー!」って思うことあったりして
面白くてドンドン読めましたーUPキラッ


本は(映画もだけど)好みがあるからオススメ!とは言わないけど私には面白かったよー。


ちなみにその、会社の人に最近借りた本で 「容疑者Xの献身」 良かったぁぁ!
映画は見て無いけど、本はちょっと切なく悲しかった。。
とにかく色んな人の色んな本を読むけど東野圭吾さんでは 「天空の蜂」 も面白かったなー。


あと、作者は違うけど 「クライマーズ・ハイ」  って本もすっごく面白かった
「13階段」 って本も面白くて為になった!



面白いことが一番重要だけど、さらに「へぇぇ!」って、今自分の知らないことを知れる本が大好きです。


まだまだいっぱいあるけど、
スペースがいくらあっても足りなくなるので今日はこのへんで。。


おすすめあったら教えてくださいーjumee☆beg1Ljumee☆beg1R



スポンサーサイト
| 読書☆ | COM(2) | TB(0) |
2007-07-28 (Sat)
プリズンホテル全4巻、読み終えました~。

私が浅田次郎さんの作品に出会ったのが『天国までの百マイル』。
これもすごく良くて、電車の中では読めないほど涙が溢れる作品でした。
けど読書好きの知人が『天国までの~』も良いけど、浅田作品なら断然『プリズンホテル』だよ~!と薦めてくれて読み始めました。

読んでみてなるほど納得。
プリズンホテル」っていう一風変わったホテルを舞台に、そこで働く従業員と泊まりに来るお客さんとが巻き起こすいろんな騒動を描いてるので、ネタが尽きないんですね。いろんな事件が次から次と起こって、その起こる背景も丁寧に描かれているので共感できるし、登場人物一人ひとりの人生を通して学ぶところもある。

いろんな事件や登場人物の中に自分と共通する部分が必ずあって、考えさせられるし、今の自分が忘れていることに気付く部分がたくさんあるし、知らないこともたくさん学べる。
本当に様々な人に出会いました。
個人的には、あの医師と看護師マリアさんの話が一番「ハッ!」としたかな。

本当に奥が深く、終わって欲しくない!と思える作品でしたね~。
4巻もあってタイヘンですが、お時間ある方は是非読んでみて欲しいです☆
| 読書☆ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。